最初で最後の・・・

もうみんな知ってることだとは思いますが・・・


女子フィギュア・荒川金メダル 村主4位 安藤は(ry


フィギュアスケートは人気種目ということもあり、日本でも結構盛んではありますが、この種目で
アジア勢が金メダルを取ったのは初めてとのことです。
これでJOCは浅田真央・五輪出場を強く推さなかったことへの責を問われなくて済みますな
ジャンプが3回転→2回転となった場面はありましたが、それ以外にミスと言えるミスは殆ど無く、
特に自身の代名詞とも言えるイナ・バウアーを決めた辺りからは異常な盛り上がりでした。
金メダル最有力とされていたスルツカヤ、コーエンが揃ってミスをしたこともあり、ちょいとばかし
タナボタな雰囲気もあるにはありましたが、自分の実力を出し切ることも大事なこと。
ジャンプの回転が減った場面も、恐らくSPの時と同じ判断をしたのでは・・・とも考えられます。
あの局面で冷静な判断、自分の演技が出来たことがメダルに繋がったのではないでしょうか。



実はこの荒川よりも村主の方を注目していましたが、こちらは裸王ポジションギリでメダルに
届かずの4位。
ジャンプの回転が少なかったというマイナス要素はありましたが、観客の反応を見た限りでは
村主のスタイルが現在の採点方法とマッチしていない部分もあったでしょう。
見る側に判りやすいように採点方法が変わったことは、表現にとことん拘っている村主にとって
少なからず向かい風となってしまったのではないでしょうか?
(五輪期間中あちこちで言われますが、とにかくジャンプに対する比重が一気に上がりました)
採点基準が明確になったことは確かなので、別に今の採点方法が悪いとは思いませんがね。
まぁ、そんな流れにあっても自分のスタイル・信念を頑なに貫き、かつ結果を出しているからこそ
あっしゃ村主に注目していたんですがね。
結果は当初懸念されていた通り、技術点が低めに付けられた分メダルに届かなかったのですが
自身が掲げていた「観客のハートを掴む滑り」は完璧に出来ていたと思います。
会場全体からスタンディングオベーションが起こった荒川の直後に滑りながら、観客からそれに
並ぶほどの評価を得ていたワケですから。


安藤は・・・やはり現時点では足りないものが多すぎましたな。
今回の荒川・村主がどんな演技をしたかしっかりと踏まえて今後に臨めば、次の五輪では
必ず今回以上の結果を出すことができるかと。
早熟で今がピークでなければ・・・ですがね。
(その点に関してはむしろ浅田真央の方が心配ですな・・・姉の舞が「超」早熟だったからねぇ)


ともかく・・・




スノーボード・ハーフパイプ陣営がsageにsagまくったテンションを最後の最後でチャラにした
荒川は、一部の人間にとっては金メダリストというよりも英雄でしょうな。ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント