しばらく更新を放置してましたが

細かいコトはキニシナイ方向で。


とりあえず野球界の話題をば。
西武の裏金事件を受けて希望枠廃止への流れが出来上がったかと思えば、やはりと言うか
なんと言うか迷主様がゴネて現状維持っぽいという話。
その迷主様サイドの主張を簡単に纏めると

選手の職業選択権を保護すべきだ

ってコトなんですが、その選手側・・・というかアマチュアサイドが断固として「いらん!」と言って
いる状態でそんな主張を続けてもねぇ。
まぁ、この逆指名制度・・・実際は


選手ではなく球団側の権利


だったりします。今までずっと選手の権利としてきたモノが実は違ってたと、迷主様は自分の
手でバラしてしまいました。

何で選手の権利じゃないかって?理由は至って簡単ナリよ。
だってこの制度を選手の権利として捉えた場合

その権利に対する選手自身の責任や義務が存在しない

んだもん。
対となる責任や義務といった「成すべきコト」がない権利なんて世の中には存在しませんぜ。
が、これを球団側の権利と捉えると

・権利:欲しい選手に自分の球団を指名させるコトができる
・責任および義務:そう決断させるに値する対価を支払う

となり、見事に辻褄が合います。
とはいえ、「対価=カネ」と言ってるワケじゃありません。
球団のスカウト力を真っ当な形で駆使し、他よりも早い時期から接触しチェックを入れ足しげく
その選手の下へ通いコミュニケーションを取り球団の魅力を伝え、誰にも文句言われない形で
誠意を見せるコトだって人手や時間といった「対価」を支払ってるでそ。
ってか、これって何の捻りもない「スカウト本来の仕事」なんですがね。

ただ、バカ正直に正攻法で行って外した時は時間も経費も無駄となってしまうワケで。当然
スカウトだって結果が求められる世界、失敗したら相応の責任が発生します。
そうなると、

失敗が許されない→どんな形でも結果を出さないといけない→ならば裏口から以下略

ってトコロに至る人間がいないと考えるのが無理な話。
そりゃ彼らも生活かかってますからねぇ・・・


その結果、ドラフト市場はマネーゲーム会場に早変わりしてしまいました。
めでたしめでた・・・いワケねぇだろヴぉけ!ってのが今回の流れ。
アマ球界が総力を挙げて拒んでる理由は、不正なカネで選手が穢されるってよりコレが今回
はっきり見えたからじゃないかなと。


明るみに出たのはそれだけじゃありません。
逆指名自粛を宣言するプロ球団も出てきたりして、業界も世論も廃止の方向に進もうとして
いながら未だに変わらない現状から

・未だ迷主様の圧力が大きい
・プロ野球機構はやっぱり形だけのモノで組織として機能していない

ってのもね・・・。orz
上の連中からは決まって「誠に遺憾です」なんて言葉が出てくるけど、アナタ達だって充分に
イカンっちゅーねん。
たかが1オーナーにあれだけの干渉を許しちゃったからこういうコトになるのよ。ここで何度も
言ってますが、それを許してしまったのはNPBおよび他の所属11球団の責任。
そこが判らなければ、たとえ世論に従ってシステム作り直しても同じコトの繰り返しですぜ。
こんなコト繰り返してたら、そのうち「プロ野球そのものがいらない」なんて世論が出てきても
文句言えなくなってしまいますぜ・・・



まぁ、完全ウェーバーにしたらしたで「ウチ以外から指名されたら拒否してくれ」なんて裏取引が
あるんじゃないかって見方もありますが、今回の件でアマ球界もかなり神経質になってるんで
当面は付け入る隙を見せないでしょう。当然人間がやるコトなんで断言は出来ませんが。
不正の供給も、需要が無くなれば意味がなくなりますからな。そういう形の指導を打ち出して
いくでしょう。
あれだけ強い姿勢を見せてる以上、自分たちから綻びを見せるようなマネはしないだろうし。
ってか、少なくともそうあってもらわないと日本球界は完全に終わるなと。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント